りんごの木:リンゴの製品設計の35年[インフォグラフィック]

アップルのファンであるかどうかに関わらず、この35種類のアップル製品のファミリーツリーは、コンピューティングとポータブルエレクトロニクスの進化の様子を面白く見ています。

Mashableでは、1976年にApple Iで始まり、2011年にiPad 2で完成した、よく実行される製品ファミリーツリーを共有しています。完全なInfographicについては、下のリンクをクリックしてください。すべての製品に名前を付けることはできますか?

アップルの製品設計:コンシューマエレクトロニクスの35年[Mashable]

ある友人は70年代にゼロックス社で働いていたと私に言っていました。会社は世界中の企業に複写機を売っていたのです。コピー機、コピー機、複写機。

しかし、HQに戻ると、彼らはレーザープリンタ、デスクトップコンピュータ、そして私が現時点で思い出すことのできない他の製品を持っていました。

Technology Headは2週間の休暇に入ったようです。彼らの不在中に、会社のツアーが発生しました(これが標準的な操作手順であるかどうかは不明です)。休暇から復帰したとき、2週間の期間に技術部門にツアーがあったことが明らかになったとき、技術責任者は怒っていました。ツアー中の人々のリストにはSteve Jobsがいました。

1年以内に最初のアップルコンピュータが市場に出た。残りは、彼らが言うように歴史です。

まあまあです。いくつかの研究を行います。

それはSteve Jobsの「Innovation:Steve Jobsの7つの秘密」という本の中で読まれたものと同じです; Steve Jobs氏は、ツアー中にXeroxのユーザーのためのグラフィカルなインターフェースのアイディアを得ているようです。

私はその非常に自己同じゼロックスマシンに取り組んだ。私はそれがアポロと呼ばれたと思いますか?覚えていない。それは素晴らしいグラフィカルインターフェイスを持っていたが、私が正しく覚えていればストレージを文書化するように調整されていた

どうやらそれは1973年にリリースされたALTOという名前でした。ここにWikiMedia Commonsのpicリンクhttp://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/8/8b/Xerox_Alto.jpgがあります。 WikiPediaの記事リンクは、その時点でXeroxがやっていたことを説明しています:http://en.wikipedia.org/wiki/Xerox_Alto

私はApple76月4日にデビューしました。リンゴよりも、オークと似ています。ここにWM Commonsの写真のリンクhttp://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/a1/Apple_I_Computer.jpgがあります。サポートされているWikiPediaの記事のリンクは:http://en.wikipedia.org/wiki/Apple_Iです。

Apple IIは1977年に登場し、ALTOのようなものに変形しました。ここにWM Commonsの写真のリンクhttp://commons.wikimedia.org/wiki/File:Apple_II_IMG_4214.jpgがあります。 WikiPediaの記事のリンクは:http://en.wikipedia.org/wiki/Apple_II_seriesです。

鮮やかな存在…それらのすべて。

カジノの勝率は、ブラックジャック(1%以下)が最も低く、キノ(25-33%)が最も高くなっています。