正しいプリンタを購入する方法のオタクガイド

コンピュータプリンタは比較的普及していますが、棚から引き出して、必要に応じて適切なものを保証することはできません。家庭用プリンタを買うことの詳細については、こちらをご覧ください。

太陽の下であらゆるニーズに対応するプリンタがありますが、多くのニーズを満たすプリンタはまれです。家庭用プリンタを買い物する際に消費者が直面する課題は、ほとんどのニーズを満たし、経済的に対応するプリンタを見つけることです。

プリンタショッピングの涅槃の第一歩は、あなたの印刷ニーズが何であるかを明確に把握して検索を開始することです。最近印刷したものと今後印刷する予定を考え直してください。大部分はモノクロのテキストコピーを印刷しますか?カラー写真?あなたの家事のためのカラー提案草案?どのような印刷をするかは、どのようなプリンタを買うべきかの最大の要因です。キーは、あなたがやっている仕事ではなく、あなたがやっている仕事のためのプリンタを購入することです。言い換えれば、カラフルなスクラップブックのページではなく、あなたが現在印刷しているビジネスレポートのプリンタを購入します。あなたが仕事をする時間があったらいいのに)。

プリンタの中核は、実際の印刷プロセスを推進する技術です。印刷の仕組みは、インク、粉末トナー、静電荷、または画像を生成するための任意の他の数の組み合わせの爆発を伴い得る。我々は、メリットと短期間の成果で、市場の主要技術を詳述する予定です。

インクジェット:インクジェットプリンタはどこにでもあります。消費者は頻繁にデスクトップコンピュータのパッケージを無料で入手することができます。ビッグボックスのコンピュータやオフィスの店舗の基本モデルは汚れた安い価格で見つかるでしょう。彼らはかなり強いホームユーザー市場の彩度を楽しんでいます。

最も基本的なのは、インクジェットプリンター技術で、紙の上に細かい霧状のインクを噴射する小さなノズルをベースにしています。プリントカートリッジにはマイクロチップがあり、そのプロセスをサポートする精巧な電気機械的フレームワークがありますが、ページの下にある小さなスプレー塗料の缶にはまだ似ています。

主にインクジェットプリンタの普及はその汎用性に起因する可能性があります。ローエンドのインクジェットプリンタは、特定のタイプの印刷には最適ではありませんが、多くのタイプの印刷に適しています(現在、インクジェット技術に基づいたハイエンドのインクジェットプリンタやデスクトップフォトプリンタが支配的です消費者の写真市場)。

普通の白黒文書やカラー写真を印刷したり、他のプリンタではまったく一致しないさまざまなメディアに印刷することができます。インクは表面に吹き付けられ、加熱されず、(パススルートレイを使用して)曲がったりロールされたりしないので、ほとんどのインクジェットプリンタでは、写真用紙からキャンバスやTシャツの転送などの特殊在庫。写真にインクジェットプリンタを使用することに興味がある場合は、ここで写真用紙とインクの品質に関するガイドを参照することをお勧めします。

欠点として、インクジェットプリンタは非常に遅く、品質は大きく変化します。あなたが定期的に複数ページのレポートを印刷し、それらを印刷機からホットにしたい場合は、インクジェットプリンタの動作に間に合うまで待つことになります。印刷物の品質は、使用しているインクと用紙の種類によっても異なります。ビジネス指向のインクジェットプリンタは、鮮明な線やグラフィックス(ほとんどのビジネス印刷で見られるフォントや会社のロゴなど)に優れた顔料ベースのインクを使用する傾向があります。優れた写真プリントを宣伝するインクジェットは、通常、よりスムーズに混和する染料ベースのインクを使用するため、写真はより良い色でより現実的に見えます。多くのブランドでは、両方の目的でインクカートリッジを購入することは可能ですが、異なる印刷作業のためにカートリッジを交換するのは理想的ではありません。

これまでのインクジェット印刷の最大の欠点はコストです。あなたは100ドル以下で簡単にインクジェットプリンタを拾うことができますが、それは企業が補助金を交付することを考慮します。彼らはあなたが高価なカートリッジの後のカートリッジのために戻ってくることを知っています。はい、サードパーティ製のカートリッジを購入することができます。はい、あなたは家庭用補充キットを購入することができます。オンラインでカジュアルに検索すると、そのようなオプションに満足している人がたくさんいます。残念ながら、保証は無効になり、古いカートリッジを補充するのは面倒です。

インクジェットプリンタの最終判決:さまざまな材料(ラベル、転写紙、光沢紙、普通の印刷用紙など)で印刷する必要があり、頻繁に交換することによって生じる高い供給コストを恐れていない場合インクカートリッジ、インクジェットプリンタは、ホームオフィスに多目的に追加されています。

レーザー/ LED:レーザープリンターは、インクジェットプリンターとは異なり、インクや小さなスプレーノズルを使用してページに印刷します。レーザープリンタは、インクジェットプリンタよりもはるかにフォトコピー機に密接に機能します。静電荷が紙に適用され、トナードラム上を通過する(トナーは超微粉末のカーボンおよびポリマーブレンドである)。次いで紙を熱で融着させる。これは、インクジェットプリンターからページを出す方法とは異なり、レーザープリンタのプリントアウトを損なうことなく、トナーが紙の上に溶け込んでしまうのです。

高速で経済的な操作は、レーザープリンタにとって最も強力なセールスポイントです。インクジェットは、様々な色の異なるインクを用いて様々な媒体に印刷することができるが、レーザープリンタは単色であり、溶融プロセスの熱に耐えることができる媒体の範囲がはるかに小さい。 (現在、消費者向けの価格帯ではカラーレーザープリンタが使用されていますが、カラートナーの補充は非常に高価であり、ほとんどの家庭ユーザーにとってはカラーレーザープリントを届かない状態に保ちます)。

レーザー印刷のメリット:トナーは乾燥していて、印刷せずに何ヶ月も印刷できます。また、次の印刷物は最初の印刷物と同じように見えます。同じ時間帯のインクジェットカートリッジが乾くと、ノズルがガム状になり、新しいカートリッジを買い取ってしまうことがあります。私たちは古いレーザージェットプリンターをオフィスの収納場所から引き出し、何年もの間無視してしまい、新しいもののように印刷しました。

最近の市場に加えて、LEDプリンタは本質的に超帯電レーザプリンタである。レーザプリンタは、トナードラム上に画像を生成するための精巧な移動鏡アレイと集束レンズ(すべてが整列していなければならない)に依存するが、LEDベースのプリンタは、レーザアレイの代わりにソリッドステートアレイを有するしたがって、整列し続けるために移動するレーザー、レンズ、またはミラーは存在しない)。

現在のところ、レーザーベースのプリンタに比べてLEDベースのプリンタには小さなプレミアムを払っていますが、その代わりに潜在的に高速のプリンタが得られます(LEDユニットは、スキャンする代わりにドラム画像の全幅を同時にレンダリングします) LEDアレイはソリッドステートなので、破壊されにくい)。つまり、1990年代以降、走査型レーザー/移動鏡を使用していても、インクジェットプリンターよりもはるかに信頼性の高いレーザープリンタがオフィス周辺に存在しています。

レーザー/ LEDプリンタに関する最終判定:主な印刷ニーズが白黒のテキストプリントであり、時折補足画像がある場合は、プリント用プリントではレーザー/ LEDプリンタに勝てません。プリンターの長寿命化、スプーリングの高速化、プリントに要するコストの削減は、インクジェットと比べて幅広く幅広く行われます。どのくらいのマージンですか?私たちは、HP Laserjetのトナーカートリッジを1999年から2回交換しました。これは、約100ドル分のトナーで12年間印刷したものです。

家庭のユーザーにとっては、上記で概説した2つの印刷タイプ、インクジェットとモノクロレーザー/ LEDは、カラフルなレーザー印刷がカジュアルな家庭用にはまだ高価な2つの最高のものです。しかし、あなたが興味を持っているプリンタのタイプを絞り込んだら、あなたはまだ歩き回る機能や用語の山が残っています。専門用語の辞書を管理しやすいリストにハックするのに全力で取り組んでいきます。

私たちがHDTVの購入ガイドで強調したように、用語を掘り下げる前に、メーカーは彼らが使用するマーケティング用語で迅速かつ緩やかに遊ぶことができます(しばしば行います)。不確かな場合は、購入前にプリンタに関する消費者レビューをお読みください。

解決策/ DPI:プリンタの買い物をしている間は、DPIへの参照が表示されます。 DPIはドット・パー・インチ(Dots-Per-Inch)の略で、印刷可能領域の1平方インチ内にインクまたはトナーの個々のドットが何個置かれているかを示します。モニタ用のDots-Per-Inch命名法は、モニタで使用されるPixels-Per-Inch命名法とはまったく異なります。コンピュータモニタは、モニタ構成の性質上、ピクセル数を減らしてディテール/印刷されたインクに対する優れたカラーレンダリング。

歴史的にDPIは注意を払う価値がありましたが、印刷技術は近年大きく改善され、DPI番号はほとんど無関係です。 150 DPIは単純なドラフト印刷(食料雑貨品リストのような)の許容レベルです.300 DPIはシャープなフォントやロゴでは問題ありません.DPIが高くなるにつれて、さらに優れた印刷物が得られます。ローエンドのインクジェットプリンタは、通常、300-600DPIの印刷能力を有し、ハイエンドのインクジェットは、1000DDPを超えて容易に上昇する。レーザー/ LEDプリンタは、600〜2000 + DPIの範囲で使用できます。自宅で写真を印刷するためのプリンタを購入する場合を除き、市場の最下位のプリンタでもレター/パンフレット/レポート印刷のニーズに十分なDPI以上の印刷物を出すことができるため、DPIの評価はすべて無視されます。

印刷速度:ほとんどの場合PPM(1分あたりのページ数)として表示されますが、印刷速度のメモはCPM(1分あたりの文字数)、フォトプリンタを購入している場合はIPM(1分あたりのイメージ)と表示される場合があります。インクジェットとレーザープリンタを比較すると、PPMの格付けには大きな違いがあります。インクジェットプリンタはレーザープリンタよりも大幅に低速で、インクジェットプリンタの低PPMを膨らませようとするのは、1分あたりのドラフトページをボックスとプリンタ仕様に入れて、PPMの半分を高品質の印刷物の料金をより良く知ることができます。

ボールパークの数字として印刷速度を考えてください。現実世界のPPMは、どのような印刷をしているかに基づいて、メーカーの数値と大きく異なるでしょう(例えば、レーザープリンタのブックレポートタイプの印刷物は、実際にはインクジェットトレイ上に飛んで印刷されます)。彼らが終わる時)。

接続の種類:シリアルポートまたはパラレルポートを介して接続するプリンタは長い間存在していますが、現在の有線接続の標準はUSBです。一部のプリンタ、特にレーザ/プリンタのプリンタには、ネットワークベースの印刷用のネットワークジャックが付属しています。ますます多くのプリンタが出荷されており、Wi-Fi機能が内蔵されています。プライマリコンピュータのすぐ隣にプリンタを置くことに興味があるなら、ネットワークやWi-Fi印刷は非常に重要です。これにより、プリンターを邪魔にならず、デスクトップ、ラップトップ、およびモバイルデバイスからの印刷物をメインデスクトップ上で印刷共有サービスを必要とせずにシャトルすることができます。

モバイル印刷:プリンタで見つかる新しい機能の1つは、モバイル/クラウド印刷のサポートです。 5年前のことでも、電話、タブレット、その他のモバイルデバイスから印刷することが一般的になってきています。モバイル機器からの印刷は未だに未だにのこちなので、ちょっとしたやりとりを準備する必要があります。

それは市場に2つの主要な解決策があると言いました。 iPhoneやiPadから印刷したいiOSユーザーのために、メジャーメーカーのAirPlay互換プリンタの全ラインがあります。 AppleのAirPlay互換性リストはこちらで確認できます。 Androidやその他のモバイルプラットフォーム(iOSとBlackBerryを含む)の場合、Googleのクラウドプリントはモバイルデバイスをクラウドプリント対応のコンピュータと従来のスタンドアロンのマシンの両方に接続します。クラウド対応プリンタの詳細と古いプリンタとクラウドプリントをリンクする方法については、こちらのGoogleガイドをご覧ください。

内部メモリ:購入するプリンタの種類によっては、わずかな量から半分程度までの任意の容量があります。単一機能のコンシューマインクジェットプリンタは、通常、内部メモリの量はごくわずかです(多機能インクジェットプリンタは、印刷プロセスおよびスキャンのような二次機能をサポートするためにより多くの内部メモリを有する)。レーザープリンタは、一般に、より大量の内部メモリ(128〜512MBの範囲)を有する。一般的に、ネットワーク/ Wi-Fi対応プリンタは、ネットワーク経由で余分な印刷ジョブを処理できるため、メモリが最も多くなります。小さな時間枠で多量のマテリアルを印刷する計画や、ネットワーク上に多数のマテリアルを入れることを計画している場合を除き、プリンタに大きなメモリバンクは必要ありません。心配な方は、将来のメモリアップグレードのためのアップグレードスロットがあるかどうかを確認してください。このようなアップグレードスロットは、ローエンドのインクジェットには存在しないが、レーザープリンタでは非常に一般的です。

マルチファンクション/オールインワン:マルチファンクションプリンタは、プリンタの本体に追加機能を組み込んでいます。多くのモデルは、スキャナとプリンタを組み合わせて、小さな家庭用コピー機を作ります。その他にはファックス機能や電話機も含まれています。メリットは、プリンタ、スキャナ、ファックス機を買うよりも、多機能プリンタを購入するほうが安いことです。欠点は、いずれかのコンポーネントが故障した場合、ユニット全体が故障する可能性がある(または少なくとも、使用のために送られる必要がある)ことです。

彼らがうまくいくと、彼らは素晴らしいですし、彼らは多くのスペースを節約します。彼らが失敗すると、彼らはホームオフィスの機能の全体をそれらと共に取り出す。私たちは多機能ユニットを避ける傾向がありますが、あなたが1つの電子箱に多くの卵を置く危険を受け入れる意思がある場合、それはトレードオフの価値があるかもしれません。オールインワンモデルに傾倒している場合は、購入前にできるだけ多くのレビューを読んでください。あなたが問題を抱えている人が1人しかいないようにしてください。

スタンドアローン印刷:スタンドアローン、ウォークアップ、PCレス、またはその他の用語でも、多くのプリンタ企業はコンピュータなしで印刷できる機能を備えています。基本的には、USBドライブ、SDカード、または他の種類のリムーバブルメディアを使用してプリンタに接続し、コンピュータからファイルを送信する代わりにフラッシュメモリから印刷することができます。すべてのことが一種のトリックポニーと考えられています。私たちは確かにこの機能のためだけにプリンタを購入することはありません。ただし、機能が輝く場所は、スタンドアロンのフォトプリンタ用です。 SDカードを貼り付けるか、カメラをケーブルでプリンタに接続して、ピックアンドプリント写真プリントを行うのが非常に便利です。

OSの互換性:時間が経つにつれてこれが問題になることは少なくなりますが、OSとプリンタの通信は依然として問題です。 Windowsユーザーはほとんど何の問題もなく、Macユーザーのトラブルも少なく、Linuxユーザーも確実に期待しているように、プリンタを設定するのが最も面倒です。私たちは、Linux(そしてMac)のユーザーが、彼らが検討している特定のブランドに関連して、大雑把な製品検索を行うことを強く提案しています。たとえば、Linuxユーザーは、Linux-Drivers.orgのプリンタ/スキャナのリソースを確実に使いたいと思うでしょう。逆に、OS Xユーザーは、このAppleのサポート記事にOS Xの付属のプリントドライバについて詳しく説明しています。

毎月のデューティサイクル:デューティサイクルは、プリンタの仕様書でよく見られます。デューティサイクルは本質的に1頁あたりのレーティングです。あなたが見ているプリンタの統計では、1ページあたりの印刷枚数が1,000ページであることがわかっている場合、製造元は本質的に何も問題なく月にその枚数まで印刷することができると言っています。トラブルフリーな操作を保証するために、必要以上に毎月のデューティサイクルを持つプリンタを購入したいと考えています。高いデューティサイクル定格を備えたプリンタは、重い印刷の磨耗に耐えられるように頑丈になります。

実際に必要以上のデューティサイクルを持つプリンタを購入することで、プリンタを早めに装着する機会が減ります。 1999年以来、我々はガイドの前半で述べた強力なレーザージェットプリンターを覚えていますか?それは毎月10,000ページのデューティ・サイクル・レーティングを持っています。私たちは、それを1年に1分の1以下に抑えていると確信しています。それは古くなったケーブルフォーマットやインターフェイスに遭遇する前に、印刷の幽霊をあきらめるずっと前になります。

両面印刷:両面印刷は、両面印刷のための素晴らしい言葉です。両面印刷をしていないプリンタは、手差しの両面印刷に固執しています。これは、両面印刷を適切な順序で行うために、片面シートをプリンタに正しい順序で戻す必要があることを示す素晴らしい方法です。手動で二重化することは、巨大な痛みであり、あなたが規則性をもってやりたいことではありません。用紙を節約したい場合や、より薄いプリントアウトのような場合は、両面プリントが必要なたびにプリントアウトシャッフルを行わずに、正しく両面印刷が可能なプリンタを用意してください。

手動給紙/多目的トレイ:厚手のスクラップブックページやTシャツのような紙素材、封筒、または(インクジェットプリンタの場合)あらゆる種類の非伝統的な用紙を印刷する場合は、プリンタを購入してください手差しトレイおよび/または多目的トレイを使用してください。これにより、プリンタが正常に実行する用紙操作をバイパスし、曲げや過度の回転を起こさずにプリンタにまっすぐにメディアを送ることができます。ビジネスの封筒はレーザープリンタのローラーシステムでは決してできないので、例えば、封筒を手前に出して曲げることなく後ろに送る手差しトレイを用意することが重要です。

消耗品:プリンタを購入する際には、何人かのインクカートリッジ、トナーカートリッジ、用紙の種類など、プリンタを購入するときには必ず想像して買い物をして補充してください。その50ドルのインクジェットプリンタは、それぞれが40ドルの3色カートリッジを使用し、3色のうちの1色が乾いたら直ちに交換する必要がある場合、大したことではない。

インクジェットプリンタを買い物するときに、どのカートリッジシステムが使用されているかを確認してください。それぞれの色を個別に交換できますか?ブラックカートリッジは経済的ですか?あなたがアフターマーケットカートリッジとインク詰め替えで保証を無効にするのが快適ならば、すぐに利用でき、使いやすいですか?

レーザー/ LEDプリンターを買い物するときは、トナードラムだけを交換できることを確認してください。一部の企業では、ドラムが乾いているときにトナー/フューザーアセンブリ全体を交換する必要があります。これは、プリンタの寿命にわたって消耗品コストを大幅に上げます。

最初に主要な印刷ニーズ(モノクロとカラーの混在、モノクロとカラーの混在)や、重要な機能(デュプレックスやWi-Fiサポート)、そして最後にモデルを比較して最後のものを絞り出す(おそらくタッチスクリーンインターフェイスとクラウドプリントのサポート)、あなたは最も重要なニーズを最初に満たし、よく選択された副機能を使って印刷を楽しくすることができます。

プリンタに関する素晴らしい記事です。私はプリンタについて全く理解していませんでした。私のRSSにこの記事を書いて、あなたは私の日を救った!

私はあなたのOSがサポートしているかどうかチェックしていないことに気付きました… Linux上のCUPSは私の兄mfc495CWを好きではありません…私はそれを働かせましたが、それは小さな偉業ではありませんでした。

ちょっとした考え

素晴らしい記事

詳細は、プリンタを使用する前にお読みください。

@ニック:良いお話、記事を更新して、LinuxとMacのユーザーのためのヒントを載せました。 =)

うーん。実際の印刷に問題が生じる前に、機械全体を交換するか、無限に1枚の紙を無限に送り込むかの選択肢を残す前に、ページ送り機構に修復不可能な欠陥を作り出したすべての「完璧な」プリンタに1ドルがあれば!!!!!!!

レーザープリンタのもう一つの素晴らしい提案を見てうれしいです。ほとんどの人のように、私は彼らが高価すぎるとか、カラープリントなしでは生きられないと思っていましたが、私は間違っていました:)それでは、インクジェットカートリッジのリッピングをやめてしまいました。もちろん、EAGLEのPCBマスクを印刷して、自分のプリント基板を作ることもできます。

@スティーブ – O – ラマ:私はレーザープリンタが大好きです。インクジェット技術を駆使して飛躍したにもかかわらず、まだまだ高価で、塗りつぶしやすいプリントが得られ、スッとプリントが遅くなります。あなたのメモのように、多くの人が価格の違いを見て、インクジェットに向かいます…しかし、長期的なコストのために、レーザープリンタを叩くことはほぼ不可能です。私のトナーの合計コストは過去15年間で年間5〜10ドルそう。

私の問題の解決策を見つけることを望んだ。私は非常に良いHP Laserjet 2100を持っています。しかし、私はWindows 7に切り替えると、私はUSB接続を使用する必要がありました。 USBケーブルを買っても問題はありませんでした; Hewlett packardは円滑な移行を行うために%$#@ – allを行っています。新しいドライバは臭いがあります – 印刷する度に50%の時間で印刷する必要がありますが、プリンタをインストールする必要があります;解決策を思いつくことができれば、何千もの、おそらくは数万の感謝を得るでしょうユーザーの皆様;敬具Wil

私は、Windows 7とタブレットが印刷に新たな課題を作り出したことに同意するだろう;私のHPレーザー4は良いプリンタだが、Windows 7やタブレットからの印刷は忘れてしまう。

Windows XP、Windows 7、およびタブレットまたは電子印刷を印刷するのに適した、妥当な価格のレーザープリンタとは何ですか?

あなたはLexmark Dell Epsonとsamsungプリンタから離れています。 Lexmark / Dellには、頻繁に間違った数量を提供し、顧客に彼らのカートリッジが空であると時期尚早に伝えるRFIDチップがあります。私はカートリッジを補充し、LexmarkとDELLのインクカートリッジの平均重量を7とし、重量が半分になるように重量を計りました。色は悪くないが、黒のインクカートリッジは恐ろしいものだった。 Lexmarkと(*私は思うが)サムスンはファームウェアをアフターマーケットのカートリッジを殺すことでユーザーのプリンタをアップデートしている。今は訴訟が活発です。

最近、HowToGeekでたくさんのプリンタを買ったことがあります。

これは、あなたがやり遂げることによってのみ得られる専門知識の分野であり、失望し怒っているプリンタのバイヤーや所有者の多くと話をしています。私たちは何を避けるべきか、どのようにコンピュータ会社に苦労するのかについての本を書くことができましたが、うまく動作し、長い時間がかかり、合理的なコストを提供するコンピュータを手に入れる方法に関する正直で有益な情報はほとんどありません… Epsons and LexMarksコストを抑えてコストをかけるHPのレーザープリンタ、またはプリンタメーカーや印刷会社に適用される消費者法があります。再販業者。

著者は、「残念ながら、古いカートリッジを補充すると、あなたの保証が失われ、面倒です」と述べています。カートリッジの特定のブランドでは面倒で、たぶん乱雑であるかもしれませんが、保証を無効にする法的助言)では、Mangason-Moss Warranty Act(http://en.wikipedia.org/wiki/Magnuson%E2%80%93Moss_Warranty_Act)とあなたの弁護士をチェックしたいかもしれません。いずれにしても、保証が不安な場合は、カートリッジを補充する前に期限が切れるまでお待ちください。それで、あなたはなぜあなたが待っているのだろうと思います。手袋を着用して時間を取ってください。補充はロケット科学ではなく、$$を節約できます。

HPは、新しいOSで動作するようにドライバをアップデートするのは恐ろしいことです。それが私がHPで再び決して決してしない理由の1つです。 Nickが述べたように、プリンタが選択するプリンタが、使用するOSと互換性があることを確認する必要があります。また、ドライバーと消耗品の両方で、より早く古いものになる可能性があるため、通常は低価格が魅力的ですが、古いモデルは購入しないでください。

私はまた、インクジェットプリンタよりもレーザープリンタを好む。実際、別のインクジェットを所有することは決してできません。私は私のB&Wレーザージェットに満足しています。私が必要とするレアカラープリントは、プリント/コピーショップでプリントすることができます。珍しい写真は、Walgreens、Wally Worldなどで印刷することができます(写真の印刷/コピー店よりも安い)。どちらの場合も、USBスティックでファイルを取り込むだけです。私はカラーレーザージェット機を手に入れようと誘惑されましたが、利便性にもかかわらずコストを正当化できません。

記事で言及した最も重要なアドバイスは、プリンタを選択する前に消耗品の価格をチェックすることでした!もちろん、インクジェット用品は空高く高くあります。しかし、レーザージェット機の中でも、消耗品の価格は幅広く変化する可能性があります。もう一度HPを買わないもう一つの理由は、HPが最終的にHPを選ぶ前に消耗品の価格を慎重に調べてから、1年も経たないうちに消耗品の価格が倍増したということです。

ほとんどのプリンタのレビューには、レビュー基準としての消耗品の価格が含まれています。

家族としては、数年前に予算アイテムとして印刷物を見ました。

当初、2台のプリンタがネットワーク化されていました。 1つのHP LaserJet IIPとEpson Stylus 780が正しく覚えていればHPはB&Wのすべてにぴったりだった。私は新しいおもちゃを「永遠に」得られなかったので、それは壊れないということの1つの問題です。カラー印刷では2〜3枚のインクジェットを使用しました。エプソンは私たちのために最高のようでした。私たちが手に入れたのはカートを簡単に補充できるものでした。私は何年にもわたって2台の新しいHPプリンタカートを購入し、それ以降は補充しました。

自分で再充填したり、専門のリフィルを手に入れるのはお金を節約するのには良い方法ですが、サプライヤーの評判と品質を見守る必要があります。 「クリティカル」カラー印刷では、エプソンインクに戻りました。

いったんHP IIPが死んだら、Samsungのカラーレーザーを手に入れました。トナーは少し高価ですが、サードパーティのトナーはすぐに入手できます。 6年後、私たちはトナーのみを交換しました。 HPと同じ大きさのカートを持たないことは大きな障害ではありません。私はそれが4カートのトナーを持っているのが好きです(そして、私は2回空になった廃車を交換していません)。 …

なぜレーザーを発色するのですか?私たちはいくつかのことをしたいと思いますが、それは重要ではありませんし、時々印刷するのにかなり時間がかかりますので、レーザーは理にかなっています。別のものを購入する

私はネットワークに接続された新しい、低価格の、カラーレーザーまたはLEDプリンタを目の当たりにしてきましたが、これまでのところ運はありません。

私たちの焦点は、ライフサイクルコストを[(取得+補給+保守)/プリンタの寿命]に保ち、印刷品質と使いやすさに留意することです。それがうまくいかないもの(通常は写真)があれば、安価な「アドオン」オプションや商用ベンダーを探します(ウォルマートで写真を印刷します – 彼らはハイエンドの富士フォトプリンタを使用します。何年もの間)!

ニーズが何であるかを判断することが第一の必要条件です。次に、それを実現するための適切な方法を見つけます。誰にとっても銀の弾丸はありません。

…大判のインクジェットが普及したとき、私は石油会社に勤めました。私たちには、変更されたカートにポンプで送られたインクの交換可能なガロン瓶を使用するためのベンダーエンジニアのインクポンプがありました。私たちはまた、HPがプリンタを設計したように、シートの代わりにロール紙を入れました(はい、HPエンジニアが私たちの機器に行っていることを見ていました)。それは成功しました。私たちは最終的に、建物の12階以上にプロッタに約46インチ幅の2つのプロッタを印刷しました。地球物理学者と地質学者は、石油とガスの発見の一環として紙を埋める色のプロットをたくさん印刷しました。 …カットシートやインクカートを使用するのと比べて、大きな$$を節約できました。しかしこれに先立ち、私たちは3’x4 ‘ページあたり約100ドルのカラーフォトプリンタを使用していました.1日に数百回、7×24を実行し、常に優先順位を付けていました。 …

世話をする。

デイブ

HPのWebサイトをチェックする – HP LaserJet 4Pで正常に動作するWindows 7用のプリンタドライバをダウンロードしました。

lol …ちょうどこの記事で紹介されているPicの1つを買ったブラザープリンターHL2270DW .. ITで働いて私は兄弟を買うことに苦しんだが、アマゾンではこれまでのところ、

私はhp officejet 6480を持っており、所有している最高のプリンタの1つに無線ネットワークで設定されています。私はそれを非常に合理的にoemのインクを購入することができました。 Windows 7で設定しても問題ありませんでした

ブラックインクを使用して印刷する必要があるだけで、私のEpsonプリンタの3つのカートリッジカラーインクはそのまま残り、空であると報告したときにブラックカートリッジを交換すると考えました。ブラックカートリッジを2回交換した後、3回目に約3分の1になってシステムがロックし、3色カートリッジをすべて交換しなければならなかったので、印刷やコピーを続ける方法はありませんでした。 / 3完全黒カートリッジ残。私が残した国では、各カートリッジの価格が15ドル下がったので、使用しなくなった3色のカートリッジについては合計45ドルのコストがかかりました;プリンタメーカーが一般公開されていないという結論に至りました私はフラッシュメモリにコピーしたりプリントしたりしなければならないものをすべてXeroxまたは同様のショップに持ち帰ることにしました。そのコストは1コピーあたり6セントです。安くて品質は良いです。私たち全員がこのようなことを試してみたら、印刷機の製造業者は最終的には印刷コストを公衆にもっと魅力的にし、

実際に私はLinuxを使い、低品質のインクジェットは完全に動作します:)何もインストールする必要はありませんでした。私のOSはそれを世話したと思います;また、公式のソフトウェアを搭載したWindowsでは、印刷品質はそれよりも低かった今でしょ!

私も兄弟のレーザープリンタを持っています。

印刷品質は素晴らしいです。

それに関する最高のものの1つは、Googleマップの素晴らしい印刷物です。私のインクジェットプリンタでは、ほとんどの場合、読み取り可能なマップを得るために色を使用する必要がありました。レーザーは着色領域のグレースケールを作成し、非常に読みやすいマップを作成します。

本当にあなたのプリンタに関する記事が好きだった。私は引退する前に私は7年間(1999年〜2006年)の事業に携わっていました。私は、第三者のインクや補充カートリッジに対して法律があり、保証を無効にしていることを指摘したいと思います。私はOEMメーカーとの対決に何度もそれを使用しました。他の独立したブランドや補充品を使用することができます。私はインクやカートリッジが良いと言っているわけではありません。あなたは誰もOEMと同じインク式を作ることができないことを知っています。現在、Memjetと呼ばれるインクジェットプリンタがあります。最高の設定で60枚のコピーをエッジからエッジまで(縁なし)コピーします。これは新しい技術です。 4個のBIGカートリッジはそれぞれ20ドル。私は最近、このマシンについてYouTubeでビデオを見ました。ビジネスの中で、私は彼らが作る前にマシンが2、3年間来ていることを知っていた。見てみな。私はあなたがあなたの見ているものを信じるとは思わない。あなたのオタクに感謝します。

印刷可能なDVDに印刷するのに適したインクジェットは何ですか?

みんなはすべての種類のプリンタで多くの問題を抱えているようです! I must be dead lucky – I’ve had none.;You can refil the toner on laser printers – I do it all the time.;I think you might mention solid ink printers which use colored wax. Here in UK only Xerox seems to market them. I find the colors very impressive and they are waterproof and don’t rub off though I am told you can scrape them off with a fingernail (I can’t on my prints without scraping away the paper too). A possible snag is that you can’t feed the printed page later through a laser printer as the fuser melts the ink, though why you would want to do that I am not sure.

The use of aftermarket cartridges does NOT void your warranty, and the Magnuson-Moss Warranty Act disallows Original Equipment Manufacturers (OEMs) from requiring the use of their cartridges as a condition of the warranty. Please don’t perpetuate this myth. Remanufactured cartridges are an economical, environmentally friendly, completely viable choice.

I used to think that the more colors the better. I had a printer with 8 colors that worked well, but the expense and bother of all those tanks was a bother. That printer died and I got a Epson that only had 4 colors. I can’t tell the difference, the prints look great with a lot less expense in ink. I saw a printer advertised that had 12 colors, wow it appears that printer companie.s want to sell more ink.

The above article states that “DPI stands for Dots-Per-Inch and it indicates how many individual dots of ink or toner are deposited within one square inch of printable area.” I don’t think that is correct. DPI is the number of adjacent dots in a row that will fit in an inch, not the number of dots in a square inch.

Also, it kind of glosses over the difference between DPI and pixels per inch. The reason that a monitor can display so much more information with one pixel is the pixel has one more dimension than does a printer dot. A printer dot has two intensities: full intensity and no intensity (i.e. it is either there or it isn’t). A pixel has many different intensities (usually 256/primary color). For a printer to show multiple intensities it needs to use an array of dots. For instance, to acheive 256 different intensities, it would need something like an 8×8 array of dot positions. Then by printing different numbers of dots, it creates the illusion of different intensities. For a printer to do this, and match the resolution of a pixel, the dots need to be much smaller than the pixel. In the case of the 8×8 example, the dots would need to be 1/8th the size of the pixel.

Also, it says that ink-jet printers are slower than laser printers. That is not always true. If the laser printer is tasked with an intricate vector drawing, the print speed can be significantly slower. BUT, once the printer has rendered the image and stored it in memory, subsequent copies will be much faster (if more than one copy is printed).

A few suggestions for Windows 7 and Linux users

For WIndows 7: to get your older HP printers working with the newer OS, you can try using just about any PCL 5 driver for any newer model, or even HP’s universal driver. Just try to make sure you set the driver up to match the features of your printer as closely as possible.

For Linux users (and Mac users too since you use CUPS as well): make sure that the printer you’re looking to use supports PostScript. This is going to work more with laser printers than inkjets as most inkjet drivers aren’t your traditional PCL or PostScript.

One final clarification: LED printers also differ from laser printers in that your resolution isn’t always identical in both directions of the page. While most laser printers max out at 1200×1200 dpi, LED printers will give you something like 2400×680 or so. This is just a design limitation: you can only fit so many LEDs along the drum assembly.

Also, for colour laser users: it may hurt your wallet a little more, but stay away from third party toner. It may work in the machine, but eventually you’ll suffer more issues with inconsistent colour, misaligned colour and even toner dumping. Colour laser printing is such a precise art (part of the longer output time is the registration and calibration of the colour) that throwing variables into the equation don’t really help.

Just a few things I’ve learned in my time as a copier tech…

I am in the UK, retired and use ink-jet printers for general work and pictures for my grandson’s wall. I use Epson C62, C86 and a SX200 which scans, photocopies and prints and new cost me £40. The reason I use Epson is that it is that they are cheap and it is easy to buy third party inks on line at £10 for 12. But before buying an Epson it is important to check the model number on line if you want to buy “cheap” ink as the makers of these do not make them for all the models. Another think about Epson id that the can suddenly stop working with the message “waste ink pads full”. There are “reset” programs out there both free and for a cost where you have to tell the computer that the ink pads have been replaced in the printer and it then tells the printer to reset its inbuilt chip. I have done it and had no trouble with my Epson C62 afterwards. What annoyed me was Epson’s attitude and that one minute a machine that was “happily” churning out pages suddenly became a pile of scrap until I spent a lot of time looking for the “reset” program online. In finishing can I put in a plug for “second hand” machines. My C86 was bought on EBAY for £10 plus postage and arrived with a full set of Epson ink cartridges.

I recently heard that all multi-cartridge printers are now “required” to stop printing when one of the colors run out. This is meant as a money-saving event. For example, if you have to print 80 copies of a full-color report and your cyan runs out 1/4 of the way through, you will then print 3/4 of the project unreadable, wasting all that other ink and paper.

Any reports on if this is truly a “requirement” of new printers or just a feature? Are they any exemptions to it?

I can’t wait for my HP C5550 to die – which is probably why it is lasting so long. I have found HP Ink Jet replacement cartridges to be a real rip-off. The suggestion regarding the use you will put the printer to is a good one. Most of the features on mine are useless.

I have used a number of printers over the years. I first favored HP laser printers but over time became evey disappointed with HPs because of frequent repairs of the sheet feeders, poor support with driver updates for OS upgrades, and poor support from HP in general. After using a few color printers I decided to use laser printers almost 100% of the time and outsource color printing, esp. photos. I have saved a lot of money and headaches. I also now pretty much go with Brothers wireless prnters. Surprising reliable, capable and reasonable cost of supplies. Can replace cheaper than repair if ever needed.

HP Inkjets are some of the worst products produced in this century. Just the bloatware that comes with the drivers alone is a pain-in-the-neck. I’ve never owned an HP inkjet that lasted longer than a year. On the other hand, I still use an HP LaserJet III. It does an excellent job, doesn’t cost much to run, and I didn’t have any problems with drivers for Windows or any of the Ubuntu distros that I have run over the years. It’s pretty much the same story with the Brother laser printer I use at home. It runs on generic drivers without a single hiccup.;HP executives should be required by law to use an HP inkjet in their office for a full year before it is allowed to be sold to the public. Maybe they would change a few things and then again, maybe not. Either way, at least I will have had my revenge.

私はUbuntuが大好きです。 I love Canon printers. I’ve not been able to find above any mention of Canon printers in combination with a Linux distribution, but folks should be forewarned. My experience has been to have to go to turboprint.de to purchase drivers to get the printers to work. $40 or thereabouts. Could Canon really be owned by M$ or do they simply not care?

I remember using dot matrix printer with fan paper, using both 9 & 27 pins printerheads. Yes, I remember the noise from the printers and using special noise reducing boxes. Right now, I have 5 printers on my computer. I use HP 4+, HP ColorLaser 1600, HP All in one inkjet (I just use the scanner only.), Brother QL-500 Label printer, and Xerox printer. I use the HP 4+ the most of my printing. For toners, I look on eBay for my toner supplies. Most I have pay for a toner is $20 for the HP 4+ and $80 for set of 4 toners needed for Colorlaser. The Xerox printer is my office printer, which I can use from my home computer by the way of network. If someone is doing alot of printing, the laser is only way to go. For home use a old laser printer retired from a office which I pickup for few bucks. In most cases the only thing wrong is full of paper lint and few pickup rolls. My HP 1600, I pickup for $30 and replace all toner. Now I working colorlaser printer for less than cost of inkjet printer. The red toner leaked but the supplier replace the toner at no cost. The HP 4+ is old printer cable, all other printers are USB wired.;My OS is Windows 7 Ultimate. Since I am retired computer tech, I can tell you many war stories about drivers for printers and the link between computer and printer.

I will say that I’ll never again purchase an Epson color inkjet printer, in the past 5 years I’ve gone through 3 of them because the print head clogged up because I didn’t print on a regular basis (these were all models where the print head was separate from the ink cartridges and was built into the printer itself). So another consideration in choosing an inkjet printer would be to take a look at how often you print documents/pictures and whether or not the printer you’re considering buying has the print heads integrated into the ink cartridges or not (most Lexmark/Canon/HP inkjet printers do, which is one of the reasons for higher cartridge cost than many Epson printer cartridges. On the up side with Epson (if you do happen to print on a pretty regular basis), with many models (not all though) the color ink cartridges are individually replaceable meaning you’ll be wasting less ink typically because you won’t have to replace all of the colors at the same time when only one has gone empty. I used to have an old Fujitsu inkjet that was very similar to the Epson design (individual color cartridges) but it suffered the same fate as all my Epson inkjet printers in the end.

And here’s a handy tip for those of you that use an inkjet printer that incorporates the print head into the cartridge (Use at your own risk, I have used this method in the past with great success with the various HP inkjet printers I’ve owned though), if you’re not sure if you’re going to be printing anything in the near future remove the cartridges and place a piece of clear ‘cellophane’ style tape over the print head portion of the cartridge, do the same with the vent hole in the cartridge (if you can locate it, sometimes it’s hidden under a label or something), then when you do need to print again you just need to remove the tape and you usually won’t be confronted with clogged up print heads on your cartridge which might require you to run several ‘cleaning’ cycles which waste a lot of ink.

@hfrankjr, I can tell you from personal experience with trying to locate drivers for my Canon Pixma MP210 all in one that Canon pretty much doesn’t care. They make most of their money on the photocopier side so they have little need to cater to home users. I eventually found Linux drivers from Canon on their Australian site though, unfortunately they were incompatible with the kernel I was using at the time, but fortunately once I had the filenames I was able to hunt down a set of drivers that someone had patched to work with the 2.6 series kernels (haven’t tried these drivers with my computer that’s been upgraded to Kubuntu 11.10 w/3.0 series kernel yet though). And now that HP has merged with Compaq, their focus on providing good quality inkjet printers seems to have shifted to much the same business model Lexmark uses, make it cheap, but make the ink cartridges overly expensive to recoup the cost difference. I think the last decent HP printer I owned was one of their 900 series with big bulky cartridges where the color ink was all in one cartridge that was only a little wider than the black cartridge but you couldn’t refill them without having a utility to reset the page counter chip incorporated into the cartridge. The best HP inkjet printers I’ve owned though were probably in the 600 and 700 series, lightweight, durable, worked well in extreme environments (some of my friends who owned auto service centers used them all the time with few problems, other than needing to use a blow nozzle occasionally to blow dust out of them that is).

I have to agree with the other people who have Brother laser printers. They offer great quality and reliability for a much better price than many other brands! I have an old HL1440 that was given to me by one of the people I used to do computer work for (only reason I don’t still do it for them is because I ended up moving to a different state) that was replaced because it kept suffering from paper jams (had been used as an invoice printer for a local auto repair shop for quite some times, so when it was replaced they were able to write off the cost of the new one as a business expense). A couple hours of tear down and cleaning with a soft rag dampened with alcohol and I ended up with one of the best laser printers I’ve ever owned, (still running to this day, though it’s due for a new drum unit now, not cost effective to replace it though when I can buy a new Brother laser printer for $99 and the drum unit costs $159). Just waiting for it to get to the point where I can’t read the printouts anymore (since they’re mostly things for my own records anyway, online bill payment receipts, banking transaction records, emails I want to keep around in printed form…). It’s only ever jammed on me 2 or 3 times in the 5 or so years I’ve owned it, much better track record than any inkjet I’ve ever owned and it costs me a great deal less to run than an inkjet would because of my lack of high volume printing (though I do occasionally print out one of my ebooks so I don’t have to sit at my computer to read it, I don’t have a portable ebook reader yet sadly).

Why was my comment deleted??

@Little John, it seems you don’t remember as clearly as you think you do:) Those were 24 pin printers not 27 pin printers (one of the more popular of which during that era was the Epson LQ-570+). My first printer was a 9 pin dot matrix printer that used ink ribbon spools (not an enclosed ribbon cartridge) it had a feed spool and a takeup spool, it was from Star Micronics their SG-10 model. I first used it with my IBM PCjr that my father bought me and my sister (even though she wanted nothing to do with it at the time). It had an Epson MX-80 compatibility mode that I could set using DIP switches on the back so I was able to use it with most of the available software at the time without any problems. Finally ended up throwing it away after one of the pins in the print head broke off around 1998.

Sara P

Colour printers stop printing when one of the colours runs out not as a money saving feature, but as a consequence of logic. The controller unit of the machine knows what it needs to create all of the shades available in its colour gamut. With one of the colours unavailable, it can’t mix the remaining colours to make up for the missing one. Therefore the machine stops printing. There’s a lot of very sophisticated processing going on even to put a blue hyperlink on the page.

If you want to invest in a printer that will last 10 or more years rather than some ink jet POS that you end up chucking in the garbage 2 years later, go with a laser printer. Even color laser printers are now becoming affordable when you compare the cost per page and associated hassle with changing repeatedly clogged or expired ink cartridges. If you want truly universal driver support across all OS’s and don’t want to worry about whether your printer will be supported in the next OS release, pony up the extra cash for a printer that has PostScript and/or PCL capability. These printers will work with any operating system and numerous standardized print drivers for years to come, regardless of whether the manufacturer decides to write a driver for it. People are still using HP LaserJet4’s from the 90’s, on Windows 7, Linux and Mac OS X Lion for this very reason.

Oh, and outsource your photo printing to Walgreens or the like. It’s much cheaper and professional print quality for the fraction of the price of an ink jet. The only upside to printing photos on an ink jet is the convenience, assuming the ink actually works.

I have an HP Officejet Pro L7580 which when I eventually set up with XP it was very reliable. Recently I have spent 8 days trying to get it to work with Windows 7 without success. Yes it is true you could load a generic driver to make the printer work but you will have a very watered down product that does not scan or fax properly. I will never buy an HP printer again.

I use Kodak because it is great with new Operating systems and is can do copy, scan, print and some versions can do fax as well. The inks are very cheep and they are under £20 and the quality is the best out of all other printers that I have been using.

So if you want a good printer get

Kodak

I only have one word for an under-promising but over-delivering printer today: LEXMARK. ‘言っ途切れる。

I wanted to give a blow-by-blow account of this brand’s (in the words of Tenacious D) awesomeness, but that would make for a lengthy post. Their line of laser printers, from a lowly single-function duplex mono printer to color multi-function with multiple trays is just superb. Although their inkjets, save for the Pinnacle series, isn’t really up to par with HP’s line of home-use inkjets but by far, Lexmark tops the bill still.

When would be the best time to buy a printer?

I work on printers and find them interesting. People make very poor decisions and purchases or continue using a particular model/type based on inadequate or inappropriate data.;It always boils down to cost per finished page. Consumables and form factor are the most deciding purchase and service points. Your 9 year old doesn’t need a high-end Xerox color DocuCenter nor is an architect or a lawyer sensible using a 300 dollar AIO inkjet, or laser for that matter. I’ve done considerable work for lawyers and printing is a major issue or them. The same is true for architects, but their needs are vastly different.;I once worked for a major printer manufacturer. In the early 2000’s, we got smart and began mass marking less expensive consumer printers and selling them on a 6% margin and making 80% of our income on the replacement inject cartridges.;Frankly, on a daily basis I see situations where people buy color printers with absolutely no need for color when a better monochrome would serve them better and longer. I have color laser which I use sometimes and a 5 year old Brother laser which has cycled over 150K prints across 2 toner refills.Guess which is my primary print device?

面白い。 I have very old HP1015 laser printer, and still works. As was mentioned earlier, laser printer can live for years with single toner cartridge.

Anyone can suggest good color laser printer with that fancy duplex stuff?;Currently I should use 3rd party software (priprinter or finprint) for flipping pages, but really wish to use fully automated device. May be LEXMARK?

i ran a bureau in Balmain (Sydney) in the 80’s and our first colour printer was a heavy monster QMS PostScript A3 with expensive rolls of CMYK gell that were heat-fused onto the paper. each print took about 5 minutes and the result was a course 55 lines per inch screen (130 dpi). Clients were pleased enough to pay $50 per print so they could show their customers a colour proof of their ads or use them for mock ups to pitch for business. The cost of this printer was $30,000…luckily I was doing artwork for the supplier, so my QMS cost me only $18,000.;In today’s terms the cost would have been around $90,000.;How times have changed!;John from Ebenezer NSW Australia

ナポレオンは短いと広く考えられていたにもかかわらず、彼は彼が住んでいた年齢の高さ(5’7 “)の平均だった。彼が不足していたという考えは純粋に英国宣伝だった。