5つの味覚は甘く、酸っぱい、塩辛い、苦い、そして?

答え:うま味

うま味は、「おいしいおいしい味」とおおまかに言い換えることができる日本語で、1908年に池田菊苗教授が人間生理学に初めて応用した言葉であり、より一般的な味覚:甘く、酸っぱい、塩味があり、苦い。

この言葉(そして味そのもの)は科学界で熱く議論されたが、1985年までに科学の進歩によって池田教授が何を話していたかを正確に切り離すことができた。うま味は、特にグルタミン酸塩やヌクレオチドの存在によって作り出される味であり、この味は、スープブイヨン、魚料理、熟した肉、熟したトマトおよび多くの発酵産物(発酵魚およびチーズなど)に通常見られる。肉類と熟したトマトの両方で見いだされたフレーバープロファイルに照らして、多くの人々が非常に熟したトマトの味を「肉質」と表現していることは驚くことではありません。

風味豊かな「うま味」の味を与える特定のグルタミン酸とヌクレオチドの継続的な研究は、特定の食品が伝統的に組み合わされている理由についての洞察をもたらし、食品製造業者が味がより満足できる缶詰スープのような食品を作り出すことを可能にした。

 アムツガ。

「血まみれのひどい」はうま味よりもよく聞こえる。確かにそれはより記述的で、英語の聞こえる耳にもっと喜ばれます

ここアメリカ南東部の5つの味覚は、甘い、酸っぱい、新鮮なビール、古いビール、そして「誰がおどけたのですか?