愚かなオタクのトリック:秘密のテキストファイルの区画にデータを隠す

今日のStupid Geek Tricks(非オタク人の友人たちを感動させる知られていないトリックを紹介しています)では、テキストファイル内のデータを隠す方法を学びます。秘密の区画の名前。

注:この記事はもともと数年前に書かれたものですが、Windows 7用に更新して磨いてきました。新しい読者全員と再び共有しています。

Windows 2000以降、WindowsのNTFSファイルシステムでは、代替データストリームがサポートされています。これにより、ストリーム名を使用してファイル名の後ろにデータを格納することができます。ファイルシステムやWindowsのどこかをブラウズしている間は検出できません。実際にはストリームの名前だけである「秘密鍵」でアクセスできます。

これらの余分なストリームは、「秘密のコード」(この場合はストリームの名前のみ)を知っている場合にのみアクセスできるファイル内の秘密のコンパートメントと考えることができます。

これは、以下で説明するようにデータを隠す完全な安全な方法ではありませんが、ピンチで知ることは楽しいトリックです。

注:これは、NTFSでフォーマットされたドライブでのみ機能します。

この機能を使用するには、コマンドプロンプトを開いて次の構文を使用する必要があります

notepad SomeFile.txt:SecretWordHere.txt

コロンの後に何かを秘密の単語として使うことができます。キーは、最初のファイル名とコロンの間にスペースを入れることができないことです。

最後にSpecify.txtを指定しなかった場合は、メモ帳で自動的に追加され、SomeFile.txtが既に存在していても、SecretSquirrel!.txtが存在しないため、新しいファイルを作成するかどうかを尋ねます。

ここで必要なデータを入力してファイルを保存することができます

ファイルを見ると、以前とまったく同じサイズになります

ファイルをダブルクリックして開くこともできますし、ファイルを正常に見せたいデータを追加してください

もう一度コマンドラインを使用して、別の名前の隠れた「コンパートメント」を追加することができます

このファイルに必要な情報を追加することができます

これらの隠しファイルのいずれも、他のファイルに影響を与えたり、メインファイルを変更したりすることはありません。隠しデータにアクセスするには、コマンドラインを使用する必要があります。

注意:隠しストリームを作成すると、そのストリームはファイルの一部ではありません。ファイルを別の場所にコピーしてそこのストリームにアクセスすることはできません。

もちろん、Streams.exeと呼ばれる小さなコマンドラインアプリケーションを使用してストリームの名前を含むファイルを検出できるため、これらのファイルは完全に隠されているわけではありません。

たとえば、私のシナリオでは、次の構文を使用します

streams.exe SomeFile.txt

ご覧のとおり、ストリームの名前が表示され、簡単にアクセスできます。

Windows 7を使用している場合は、DIRコマンドに/ R引数を使用するだけでストリームを見ることができます

同じStreams.exeコマンドを使用してファイルからすべてのストリームを削除することはできますが、単一のストリームだけを削除することはできません。次の構文を使用します。

streams.exe -d SomeFile.txt

スクリーンショットでわかるように、ストリームはファイルから削除されるようになりました。

いくつかのコマンドを使用して、または実際には入力または出力をパイプし、標準のFileName:StreamName構文を受け入れることができるものを使用して、非表示のストリームにデータを追加できます。例えば、echoコマンドを使うことができます

echo “Neat!”> SomeFile.txt:Test

上記の例のstreamsコマンドでは、ファイルに隠しストリームがあることが分かります。

この構文を使用して、データをmoreコマンドにパイプすることによって、ストリームからデータを読み取ることができます

more