ミニクラフトのコマンドブロックの初心者向けガイド

Minecraftは若者と新人をコーディングに導入する最良の方法の1つです。コマンドブロックは使い方が簡単で、JavaプログラミングはMinecraftのモッズやBukkitプラグインを使ってすぐに使えます。また、経験豊富なコーダーが手を加えるのはとても楽しい場所です。

コマンドブロックは、電源投入時にコンソールコマンドを実行するレッドストーンコンポーネントです。コンソールコマンドは、スラッシュ(/)で続行することでチャットウィンドウから実行できます。コマンドは手作業では不可能な方法でゲーム世界を修正するために使用され、コマンドブロックで正しく使用された場合、Minecraftには独自の擬似プログラミング言語が与えられます。コードはロジックと実行という2つの要素で構成され、ほとんどのプログラミング言語では両方をテキストで記述する必要があります。 Minecraftのコーディングは、別のルートを取る;プログラムのロジックと構造は、ブロックの配置場所と配線方法によって決まります。つまり、あなたの世界を飛び越えて、プログラムのさまざまな部分をブロックバイ-ブロック。

このガイドでは、バージョン1.9の新しいコマンドブロックを使用します。 1.8で動作しますが、もう少し専門知識が必要な場合があります。

新しいMinecraftの世界を開く(Superflatがうまくいく)、Creativeモードであることを確認して、 “/”ボタンを押してください。これはコマンドウィンドウです。チャットウィンドウと同じですが、 ‘/’で始まる点が異なり、スラッシュで始まるものはすべてコマンドです。あなたが実行できる最初のコマンドは

/ @p minecraft:command_blockを与える

これを打破しましょう。コマンド “/ give”は、プレイヤーの目録にアイテムを入れ、プレイヤーと与えるアイテムの2つの引数を持ちます。 “@p”はターゲットセレクタです。セレクタ “@p”は最も近いプレーヤーを選択します。また、Minecraftのユーザー名を使用することもできますが、コンソールからコマンドを実行すると、常に最も近いプレイヤーになります。他のターゲットセレクタは、すべてのプレーヤで “@a”、ランダムプレーヤで “@r”、すべてのエンティティを対象とする “@e”です。エンティティには、モンスター、スノーボール、動物、矢印の​​ようなブロックではないものがすべて含まれています。

コマンドは正常に実行され、新しいブロックが与えられます。始めるには地上のどこにでも置いてください。

コマンドブロックは、ホッパーや炉のような配置方向を指していることがわかります。これは後で重要になります。

ブロックを右クリックするか(または、製作テーブルと炉にアクセスするために使用するキーを使用します)、コマンドブロックのGUIが表示されます。

最初は少し恐ろしいようですが、心配しないでください。これらのボタンのすべてが何かを行います。 「Impulse」と表示されているボタンは、コマンドブロックのタイプを変更します。 3種類のコマンドブロックがあります

「無条件」と表示されているボタンは、チェーン内の前のブロックが正常に実行されたかどうかをコマンドブロックがチェックするのを停止します。もう1つのオプション「条件付き」は、前のブロックでエラーが発生しなかった場合にのみ実行されます。

「Needs Redstone」と表示されているボタンは、コマンドブロックに電源が供給されている場合にのみコマンドを実行します。もう1つのオプション「Always Active」は、コマンドブロックが電源投入されているかどうかを確認するのを止め、それだけを仮定します。 Impulseコマンドブロックでは、このオプションを使用しないでください。

私たちの最初の「スクリプト」を作りましょう。最初のインパルスコマンドブロックに向かい合っているチェインコマンドブロックまたは2つを、このように配置します

チェインブロックを必ず「常に有効」に設定してください。さもなければ、不要なスペースを占めるredstoneブロックまたはcurrentを配置する必要があります。チェーンの先頭にあるインパルスコマンドブロックにボタンを置き、押します。

何も起こりません。これは、まだコマンドでそれらを満たしていないからです!インパルスブロックを右クリックして編集し、基本コマンドを入力します

スタートを言う

コマンドブロックにスラッシュが必要ないことに注目してください。あなたが望むならそれを使うことができますが、それは不要です。 “/ say”コマンドは1つの引数textをとり、それを実行する人の視点から言います。実行すると、通常のチャットのように “ message”と表示されます。コマンドブロックから実行された場合、 “[@]メッセージ”になります。代わりに、プレーヤの引数をとる “/ tell”とテキストの代わりに生のJSONを取る以外は “/ tell”のような “/ tellraw”があります。

あなたはチャットにもっと物事を書くためにチェーンコマンドブロックを満たすことができます。彼らは、遅滞なく、同じティックで順番に実行されます。遅れて実行する場合は、redstoneリピータで設定する必要があります。 “/ say”に加えて、あなたの世界を修正する “/ set”や “/ setblock”や “/ fill”など、アイテムを与える “/ give”や、 、および多くの他の。 Minecraft Wikiには、他の役に立つコンテンツとともに、大きなコマンドデータベースがあります。

“@p”ターゲットセレクタは、一見すると実際よりはるかに強力です。たとえば、すべてのエンティティをターゲットにする場合は、「@ e」を使用しますが、ゾンビのみをターゲットにしたい場合は、

@e [type = Zombie]

“@e”の後に角括弧があることに注意してください。これらの括弧の中には、ターゲットセレクタの引数があります。その一覧は、Minecraft Wikiにあります。 “type”引数は、特定のタイプのエンティティ(「ゾンビ」)のみを選択します。コマンドブロックの10ブロック以内にすべてのゾンビをターゲットにしたい場合は、

@e [タイプ=ゾンビ、r = 10]

“r”は半径の引数です。場所、名前、チーム、スコアなどでターゲットを設定することもできます。

他のコマンドとは違うコマンドを紹介しましょう。コマンドは “/ execute”です。このコマンドは、別のコマンドを入力として別のエンティティの観点から実行します。 “/ execute”の構造は次のとおりです。

/実行@ターゲットX Y Z /コマンド

X、Y、およびZは、コマンドを実行する座標です。これはほとんどのコマンドでは問題ありませんが、相対的な位置付けを使用すると大変重要です。相対位置は「〜」で始まり、「〜〜〜」で示される原点からのブロック数を示す正または負の数値が続きます。したがって、たとえば、村人が話しているかのように「/ say」を実行したい場合、このようなコマンドを設定することができます

/実行する@e [タイプ=村人]〜〜〜/ say Hey

このコマンドを実行すると、メッセージがすべての村人からすべての人に送信されます。複数の人や複数の村落者がいる場合は最適ではないので、そのコマンドを再フォーマットしてみましょう

/実行@a~~~ /実行@e [タイプ=村人、c = 1] ~~~ / tell @pねえ

これは最初のコマンドよりはるかに複雑で、2つの “/ execute”コマンドを連鎖させる必要があります。コマンドの最初の “/実行”はすべてのプレイヤーで実行され、次に2番目のプレイヤーは近くの1つの村人を確認し、その村人に最も近いプレイヤーに “やあ”と伝えます。これにより、一人の村人だけが話すようになります。

それぞれが独自の構文を持っていることは、確かに多くのコマンドがMinecraftにあります。各コマンドのヘルプメニューには、通常、コマンドが必要とする引数をすばやく表示します.Minecraft Wikiには、各コマンドの詳細なリストがあります。すべてのコマンドが何をしているかを正確に知ることではなく、それらを一緒に使う方法を知っていることです。結局のところ、Minecraftはゲームなので、コマンドで遊ぶことは学習プロセスの一部です。

バージョン1.9はどのように入手できますか?私が見るのは1.8.8

現時点ではまだ完全にリリースされていないので、スナップショットを使用する必要があります。このスナップショットは、プロファイル設定の[開発バージョンを許可する]

どうもありがとう。とても有難い

フランス語のフレーズ「蹴られた梁」(豚が屠殺場で吊り下げられたという支持梁を指していた)の誤った解釈によって、死の婉曲は英語の「蹴ったバケツ」を入力した。